毛穴パックは肌を痛めるの?

 

毛穴の黒ずみが目立つとき、お世話になる毛穴パック。

使うとスッキリしますが、頻繁に使い続けると、肌を傷める危険性があるんですよ〜。

パックが毛穴にこびり付いた皮脂の固まりを取り除いてくれるのは確かです。

しかし、同時に薄い皮膚を剥がしてしまったり、
皮脂を除去しすぎて肌のバリア機能を奪ってしまったりすることも!
怖いっ!

 

肌を傷めないように毛穴パックを使うなら、
10日に1度、月に2〜3回ほどを目安に使用頻度を調整し手使うのがポイント。

毛穴パックを使いすぎてしまうと、かえって角栓が溜りやすくなってしまうんですって。

 

皮脂は毛穴汚れの原因にもなりますが、そもそも肌を守るために分泌されるものなのです。

毛穴パックで必要な分の皮脂まで取り除いてしまうと、肌は「皮脂が不足しているぞ〜」と勘違いし、
さらに多くの皮脂を分泌するようになってしまうんです!

するとオイリー肌になり、毛穴の汚れを発生させやすいという負のスパイラル〜!

また、毛穴パックをした後も注意です。
パックで汚れを取り除いた後は、毛穴が空洞のままで、ポッカリと穴開き状態なんです。

すると当然汚れが溜りやすく、角質や皮脂の固まりで毛穴が黒ずみやすい環境になってしまいます。

毛穴パックをした後は、冷蔵庫で冷やした化粧水や美容液で保湿し、
毛穴をキュっと引き締める
ことが大事ですよ。